042-409-8801

小平の注文住宅工務店 ウッドシップ【woodship】

〒187-0045 東京都小平市学園西町2-15-8

ウッドシップの家

Value1. 超高断熱の家

樹脂サッシと換気床下暖房が標準装備

付加断熱・トリプル樹脂サッシも選べます

WOOD BOXは北海道レベルの省エネ最高等級に相当する高断熱住宅です。
屋根・壁・床の平均熱貫流率は0.5W/(m2・K)以下で、近未来の住宅基準と言われるHEAT20・G1レベルに相当する超高断熱住宅といえます。
夏の暑さ、冬の寒さにに影響されず、快適な暮らしを手に入れるためには、やはり建物の外周部分(壁や屋根)で、断熱力の弱い窓の性能UPが最も効果的です。
ペアガラスのアルミサッシでも、熱抵抗値は壁の20%程度しかありません。
当社では断熱性能の高いLow-eペアガラスを採用し、空気層にアルゴンガスを充填し、窓フレームも高断熱樹脂サッシを標準採用しています。
また、壁充填断熱に外張り断熱も付加施工する、ダブル断熱仕様や、トリプルガラス樹脂サッシなどもリーズナブルな価格でご提供しております。

暖かい床

当社の床下は、基礎断熱工法という、北海道などの最新の高断熱住宅で採用されている工法です。
床下への冷たい外気の進入をシャットアウトし、基礎コンクリートに断熱材を貼りつけ、床下も室内と同じ温熱環境にしております。土中には地熱というものがあり、真冬でも一定の温度以下には下がりません。
その自然の熱が基礎コンクリートに蓄積され、無暖房状態でも床下温度は16℃以上になります。
更に、当社が開発しました、換気床下暖房装置を稼働させると、エアコンの温風が床下に送り込まれ、床下・床表面温度とも23℃以上にすることができます。
リーズナブルな価格で、玄関ホールもトイレ・洗面所も温度ムラなく快適に健康に暮らして頂けます。

夏も涼しい屋根

夏場の暑さ対策に最も重要なのは、屋根面の断熱です。
当社では、断熱性も高く、遮音性能もあるセルロースファイバーを屋根直下に吹込み充填しております。
一般的には100mm程度の吹込み厚ですが、当社では180mm厚以上吹込むことで熱抵抗値も4.8となり、東北地方の寒冷地でも断熱等級4を超える性能となっています。

日没後、いつまでも暑いのは明らかに屋根の断熱不足といえます。
また、壁の断熱が不十分ですと、壁からの輻射熱で室温をいくら下げても、暑苦しさが残ります。
エアコンを扇風機代わりに人体に向けて吹き出すことは、間違った使い方です。
しっかりと断熱された屋内は、28℃のエアコン設定で十分涼しくなります。
2階に設置されたエアコンならば、それ1台でも家全体をまかなえます。

WOOD BOX 標準仕様

性能
長期優良住宅仕様準拠、フラット35S(金利Aプラン)利用可、低炭素住宅認定
品確法に基づく性能ランク
※オプションにて、性能評価書を取得できます。
  • 耐震

    (最高等級)
  • 温熱環境

    (最高等級)
  • 劣化の軽減

    (最高等級)
  • 維持管理

    (最高等級)
  • 空気環境

    (最高等級)
構造仕様
【基礎】べた基礎・住宅保証機構仕様
【構造材 土台】土台・柱:桧,杉(人工乾燥材)/梁他:米松
【耐力壁】モイス 厚9.5mm 壁倍率2.7倍・3.9倍
【床剛性】構造用合板 厚24mm
当社の建物は『木造軸組み住宅の許容応力度設計基準』に基づく設定電算プログラムで構造設計しております。
断熱仕様
【基礎断熱】内貼り工法・スタイロエース 厚50mm
【壁】GW高性能16K 厚105mm・防湿シート貼り
【屋根断熱】セルロースファイバー180mm吹込
【サッシ】樹脂サッシ:Low-Eペアガラス(アルゴンガス充填)
内装仕上げ仕様
【屋根】ガルバリューム・タテハゼ葺き
【外壁】ガルバリューム・小波板張り 一部板張り
【床】杉無垢板 厚15mm・無塗装
【壁・天井】空気清浄クロス・珪藻土塗り・キッチンタイル
【玄関ドア】高断熱ドア
【玄関床】モルタル金ゴテ仕上げ
設備仕様
【システムキッチン】スリム型レンジフード・食洗機・ガラストップコンロ 他
【ユニットバス】1616(1坪タイプ)
【洗面台】デザイン洗面台・シャワー水栓
【ガス給湯器】ノーリツ エコジョーズ・高効率型給湯機
【床暖房】換気床下暖房システム
【トイレ】パナソニック/アラウーノSⅡ
【換気扇】 三菱とじぴた・気密型/ロスナイ 熱交換型同時吸排気
【階段】吊引き戸・製作品
【下足入れ・家具】製作品
【階段】製作品
【照明器具】LED器具
【インタホン】パナソニック モニター付きワイヤレス子機
【TV・ネット・TEL】フレッツ光TV対応(アンテナなし)
【火災警報器】スリム型構造仕様