042-409-8801

小平の注文住宅工務店 ウッドシップ【woodship】

〒187-0045 東京都小平市学園西町2-15-8

ウッドシップの
ニュースなブログ

小平市Ⅿ様邸 屋根工事

今日は、ウッドシップの屋根がどのように断熱されているか、小平市M様邸を例にして、ご紹介したいと思います。

 

まず、上棟直後の屋根面です。
構造用合板を貼り、屋根の水平面の耐力をつくります。
 
 
その上に、防湿シートを貼ります。
室内の湿気が断熱材の下で結露しないように、侵入を防ぐためです。
 
 
防湿シートの上に、断熱材を敷き詰めます。
本来、この断熱材は湿気を通しにくい素材なので、下に防湿シートを貼る必要はありませんが、より、確実な対応方法として、ウッドシップでは取り入れています。
この断熱材で、夏の屋根の熱を室内に伝えにくくし、冬の室内の暖かい熱を外に逃げにくくします。
この上に、また合板を貼ります。
 
 
内部に雨水が侵入しないように、アスファルトルーフィングを敷きます。万が一、ガルバリュウムから雨水が浸入するようなことがあっても、このルーフィングで、内部への浸入を防ぎます。
 
 
そして、最後の仕上げにガルバリウムを葺きます。
M様邸では、外壁に色に合わせてダークグレーのガルバを使用しています。