栗林を臨む家(小平市)

  • 延床面積:79.49㎡(24.05坪)
  • 建物総額:2280万円(税込)
  • 外構総額:90万円(税込)

※建物総額には設計料・床下暖房システム・シロアリ15年保証・設備などすべてが含まれます。
※外構総額は駐車場、アプローチ等の金額です。

栗林を臨む家(小平市)

小平市の中でも多くの畑が残る閑静な住宅街に、借景を取込む窓が心地良い家が完成しました。L型プランに囲まれるように造作されたウッドデッキが空間をより豊かにしています

玄関から1階のダイニングへ一歩入ると、栗林の緑が目に飛び込みます。キッチンの正面に位置する東に開いた窓からは3帖の広いデッキを介して隣地の栗林を存分に臨むことができます。

リビングは床レベルを一段低く下げ、天井はスキップで高く上がった7帖の空間です。すっきりとした白い壁に天井の化粧梁のアクセントとシナベニヤの板貼り仕上げが、ダイニングと繋がる空間ながら、心地良い落着いた空間にしています。 もう一つリビング空間を心地良くしているのが東南角にある二つの窓です。隣地の栗林と庭を臨む為の大きな窓は腰かけて丁度良い高さに設けられ、デッキ越しにダイニングを臨むこともできます。

2階のホールからは浴室、各個室とバルコニーへアクセスすることができます。 主寝室には東の緑を眺められる大きな窓が低い位置に設けられ、ここからも借景を楽しむことができます。主寝室からアクセスする3.5帖のウォークインクローゼット内にはスタディーカウンターも造作されています。カウンター正面の壁にはホールからの明かりを取込む小窓も開けているので、仕事をしていてもホールからちょっと声をかけることもできます。