縦格子の家(府中市)

  • 延床面積:101.8㎡(30.8坪)
  • 建物総額:2590万円(税込)
  • 外構総額:110万円(税込)

※建物総額には設計料・床下暖房システム・シロアリ15年保証・設備などすべてが含まれます。
※外構総額は駐車場、アプローチ等の金額です。

縦格子の家(府中市)

府中市の閑静な住宅街に4人家族が暮らす2階リビングの家が完成しました。西道路に面している約7.5メートルの間口に対し、奥行は約15メートル。東西に長い敷地に建つ家の2階リビングには実面積以上の大きさを感じる明るい空間が広がります。

2階のリビングダイニングは東西方向に4.5間(約8メートル)の距離が繋がるゆったりした空間です。杉板の床材も東西方向に貼られているので、より広がりを感じることができます。
東西方向に長く、南隣地との距離を取ることが難しい敷地なので、リビングにはあえて目線の高さに窓を設けていません。そのかわりに大きな吹抜けの高窓から光を取り込んでいるので、プライバシーを保ちながら明るい空間に仕上がっています。
リビング東側には2帖の畳スペースと、スタディーカウンターが、西側にはキッチンとの間を緩やかに仕切る縦格子が造作されています。

白いシンプルなタイルとブラックのキッチンのコントラストが綺麗なキッチンダイニングは天井をモデルハウスと同じ板貼りで仕上げ、リビングとは対照的に落着いた空間です。
フルオープンの対面キッチンの南には、ダイニングが、その先には内側を板貼りで仕上げ、少し高めの手摺で囲まれたバルコニーがあるので明るさも十分です。
リビングに目線を向けると、天井のコントラストと縦格子が2階の大空間に落着きと解放感をつくり出していることが良く分かります。

リビングの奥にはロフトへの固定階段と、乾燥機を備えた3帖のゆったり洗面室、浴室、トイレの水回りがあります。
吹き抜けからも臨めるロフトの縦格子はリビングのアクセントにもなっています。

収納を備えた約4帖の玄関土間は、2階の一部が庇になっている外のポーチと同じタイル仕上げです。
玄関を上がってすぐのホールには洗面台が用意されているので、帰宅してすぐに手を洗うことができます。

1階の3つの個室にはそれぞれ収納を設けています。5帖の子供室それぞれには1間幅のクローゼットが、8帖のゆったり主寝室には3帖のゆったりクローゼットがあるので収納も十分です。