小平市M様邸 基礎工事

  • 工事

小平市M様邸の基礎工事の様子をお届けします。

基礎はまず、「根切」という基礎の形に添って土を掘る作業から行います。
形が整ったら、砕石を敷き詰めて転圧します。
このように、基礎を作る下地を作ります。

砕石の上から、防湿シートを掛けて、鉄筋を組みます。
防湿シートは、地面の下から上がってくる湿気を防いだり、シロアリの侵入を防ぐためにかけます。

配筋が終わったら、配筋検査を行います。
上の写真の部分は、人通口です。

上の写真は、排水管が通るので、その分補強をしています。

玄関部も配筋を割り増しして、補強します。
配筋検査では、配筋の本数や長さ、かぶり厚さなどをチェックします。

配筋の上からコンクリートを打設します。
きれいな基礎が仕上がりました。

ニシダ